借金取り立てが来たら、とりあえず実行する有効手段4つ

過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

借金で首が回らなくなってしまった人たちは、日々取り立てに怯えています。

「近所や職場にまで取り立てに来るのではないか...」。
「社会的信用を失って会社にいられなくなるのではないか...」。
「ヤクザみたいな取り立てが来て殺されるのではないか...」。

そんな恐怖から逃れるためにも、取り立てが来た時にどうすればいいのか知っておきましょう。

借金の取り立てが来たら実行すること

借金の取り立てが来た時に実行すべき有効手段をいくつかご紹介します。

警察に連絡する

警察は民事に介入できないので、「借金の問題を相談しても無駄」と思っている人も多いと思います。

しかし、借金の取り立てが来た時に警察に連絡するのは、無駄ではありません。

ただし、警察によっては相手にしてくれない場合もあります。

ですから、例えば暴力を振るわれたり、脅迫的なことを言われたという証拠を提出することで、警察は必ず動いてくれます。

警察から警告されれば、相手側も違法な取り立てを控えるようになります。

違法な行為を知る

何が違法で、何が違法でないかを知りましょう。

違法でない取り立てに対して騒ぎ立てても、誰も助けてはくれません。

違法な取り立てについていくつかご紹介しましょう。

意外と知られていないことだと思いますが、このような違法な行為で取り立てに来た場合は、はっきりと「それは違法です」と伝えてください。

そうすれば相手側も下手なことは出来なくなります。

個人再生手続きや自己破産をする

借金の取り立てが怖いなら、早めに自分自身で個人再生手続きや自己破産手続きをしてしまいましょう。

個人再生手続きをすれば、返済総額を少なくして3年間で分割して返済することが出来るようになりますし、自己破産手続きをすれば、財産は失うものの、借金を帳消しにすることが可能です。

申し立てをした時点で、取り立てはストップします。

任意整理する

個人再生や自己破産はしたくない...という人におすすめなのが、任意整理です。

債権者との話し合いによって、返済金額を減額してもらうよう交渉する債務整理のひとつであり、弁護士や司法書士に依頼すればすぐに取り立てがストップします。

借金に悩む人の多くが任意整理によって新しい人生を歩き出していますので、何も怖がる必要はありません。

最後に

借金の取り立てが来た時のために、知っておくべきことは他にもたくさんあります。

いくら借金した自分が悪いと思っていても、違法な取り立てに屈する必要はありません。

自分自身でよく調べて、取り立てが来た時のために備えておきましょう。

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン