なぜ過払い金が発生するのか

多重債務者・過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

過払い金が発生するのは利息制限法(※)と出資法(29.2%)の金利差によるものです。
貸金業者は出資法に基づいて利息率を設定していますが、任意整理・特定調停による過払い金請求をすると利息の計算を利息制限法の割合で計算をする為、その利息額に差ができます(これをグレーゾーンと呼びます)。

その差を請求する事で過払い金が発生するわけです。

※利息制限法は借入額によって変動します
借入額が10万円未満の場合 20%
10万円以上100万円未満の場合 18%
100万円以上の場合 15%

ここで例を挙げて計算をしてみましょう。

消費者金融から30万円の借り入れの場合、出資法で計算をすると「30万円×29.2%=8万7,600円」の年間利息となります。

これを利息制限法で計算した場合「30万円×18%=5万4000円」となります。この時点で3万3,6000円の過払い金が発生している事になります。
この場合、約9年間返済を続けている状況であれば過払い金を請求する事によって借金が帳消しになるわけです。

帳消しまではいかなくてもある程度返済期間が長い場合は大幅な減額をする事ができるので、事前に貸金業者から取引履歴を開示請求を行い、自分で計算をしておくとよいでしょう。

この例では9年という期間になりましたが借入額が多いほどこの差は大きくなりますので、借入額が多いほどより短い期間で帳消しの範囲まで到達します。

場合によっては自己破産をするよりも有効な事もありますので、まずは一度計算をしてみる事をお勧めいたします。

多重債務者・過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン