【借金返済方法】借金を減らす方法&コツ~借金返済の具体的方法はコレ!

過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

誰でも借金地獄からは早く抜け出したいものです。

迷惑をかける家族がいる人、これから結婚して家族を持ちたいと思っている人、安定した将来を望んでいる人...。

とにかく借金をなくさなければ、明るい未来を夢見ることも出来ません。

しかし、実際には簡単に返済できる金額ではない...。

そんな人に知ってもらいたいのが、借金を減らすための具体的な方法です。

借金の返済額を減らして、一日も早くまっとうな人生を手に入れてください。

借金を減らす方法

借金の返済額を減額する方法をご紹介します。
法的な手段なので誰にでも出来るというわけではありませんが、チェックしてみてください。

任意整理

任意整理とは、最もよく行われている債務整理の一つです。

債務整理とは借金を整理して無理のない返済計画を立てることですが、任意整理はその中でもお勧めの手段と言えるでしょう。

任意整理とは債権者と債務者が直接交渉することで、借金の返済額を減額してもらう方法です。

多くの場合、将来の利息分がカットされます。

当然のことながら素人が債権者と交渉しても上手くいく可能性は低いため、司法書士や弁護士など、法律のプロに交渉を依頼すべきです。

いわゆる「ブラックリスト」に載ることにはなりますが、過払いになっている分を取り戻せる可能性もあります。

個人再生

裁判所に申立てをすることで借金の返済額を大幅に減額できる債務整理が、個人再生です。

自己破産と違って財産を手放すことなく借金を減らすことが出来るので、マイホームを持っている人にはこちらがお勧めです。

減額幅は任意整理に比べて大きく、残りの返済額を3年間で分割して支払うことになるので、長期的な収入が見込める人のみ利用できる方法となっています。

個人再生手続きをした場合もブラックリストに載ることになるので、今後5~10年は借り入れが不可能になります。

自己破産

借金を減らす、というよりは借金をすべてなくす方法としては、自己破産があります。

一定の財産を手放すことを条件に、すべての借金がゼロになります。

今後5~10年の借り入れが出来なくなるだけでなく、一定の職業に就けなくなるなど、制限が多いのも自己破産の特徴です。

「それでも自己破産するしか方法はない」という人は、裁判所に申立てをしてみてください。

自己破産することで家族に直接迷惑がかかることはありませんが、財産を失うことになりますので、しっかりと話し合いをしておく必要はあるでしょう。

最後に

返済が困難になるほどの借金をしてしまった場合は、闇金から借りる等の方法を取らずに、まずは債務整理して借金を減らすことを考えましょう。

債務整理は借金してしまった人たちを救済するための法的な手段です。

まずは法律事務所に相談して、自分に合った債務整理法を知ってください。

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン