自己破産後の生活が想像できない!?自己破産後の生活の様子をレポート

過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

自己破産は借金で首が回らなくなってしまった人たちを救済するための債務整理のひとつです。

借金を返済するために新たな借金を繰り返してしまう多重債務者のほとんどが、自己破産によって新しい人生を歩き出しています。

自己破産は確かにすべての借金を帳消しにするための手続きですが、その代わりに失うものは大きい、ということは誰もがご存知だと思います。

もちろん、「自己破産後の生活がどうなるのか不安」という人も少なくないはずです。

自己破産後は、普通の人と同じように生活することが出来るのでしょうか?

自己破産後の生活について

自己破産後の生活がどうなるのか、家族への影響、仕事への影響はどのようなものが考えられるか、まとめてみたいと思います。

自己破産後の生活の変化

自己破産後の生活がどう変化するか、については、自己破産することによるデメリットを考えれば分かるはずです。

まず、住宅を手放さなければなりませんので、マイホームを持っていた人は新しく住む家を探さなければなりません。

その他にも、99万円を超える現金、20万円を超える預貯金も差し押さえの対象になりますので、手元に残る財産はわずかです。

その財産で今後どう生活していくのか、考えなければなりません。

また、自己破産後は7~10年間、金融機関からの借り入れも、クレジットカードを持つことも出来なくなる、ということを覚えておいてください。

家族への影響

自己破産することで、家族に対してどのような影響を与えることになるのでしょうか。

まず持家に住んでいた人は家を失うことになりますので、この点ではどうしても一緒に暮らしている家族に迷惑をかけることになります。

ただし、自己破産は原則、申し立てをした本人のみに適用されることになりますので、家族が連帯保証人になっていない限り、それほど大きな影響を与えることはないと考えられます。

家族名義の財産に関しては差し押さえの対象になりませんし、家族がクレジットカードを作る際には自己破産者が家族にいるということで審査が不利になることもありません。

仕事への影響

では、自己破産による仕事への影響はどうでしょうか。

基本的に自己破産したからといって会社を辞める必要はなく、それが理由で辞めさせられる心配はありません。

ただし、債権者からの給与の差し押さえ等が原因で、自己破産の事実が会社に知られてしまい、いづらくなって退社する例は少なくありません。

また、自己破産後は一部資格を要する職業に就けなくなりますので、そういった職に就いている人や転職を考えている人にとっては、影響は大きいと考えられます。

最後に

実際に自己破産した人たちの体験談を見ていると、その後の生活にはそれほど大きな支障はないようで、普通に暮らしている人がたくさんいます。

不安になる気持ちは分かりますが、他に道はないと考えた場合は、思い切って決断することも大切です。

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン