筆者の自己破産体験談

多重債務者・過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

ここまで債務整理の種類について説明させていただきましたが、実際にはどうするのか?という点で曖昧な方がいらっしゃると思います。
そこで、ここからは実際に筆者が体験した自己破産の手続きを交えてご紹介したいと思います。

・弁護士に依頼
筆者の場合は経済状況的に自己破産以外の道は無い状況だったので、弁護士事務所に連絡する際にも「自己破産の手続きで」と話をしました。
この時は特に何も無く、相談の日時だけを決めて終了。

電話をした時には言われていませんでしたが、その時点での正確な金額を把握しておきたかったので事前に信用情報機関で情報開示を行っておきました。

借り入れ額の開示は消費者金融系・銀行系など複数に分かれております。現在は

このように分かれています。
債務整理をするしないに関わらず、情報開示はいつでも行ってもらえるので気になる方は一度確認してみるといいでしょう。

筆者の場合は消費者金融とクレジットだったのでJICCとCICで開示しておきました。
債務整理の相談をする前に一度開示をしてみてからある程度考えておいたほうがいいかもしれませんね。

その後予約した日時に弁護士事務所へ行き、事務員と手続きについての話の後弁護士との相談に移りました。

相談といっても筆者の場合は自己破産以外は不可能な経済状況ではあったので、他の方法についての話はありませんでした。
「この状態で自己破産はできるのか」「自己破産をするとどうなるのか」という話が中心だったと思います。

ちなみにこの時、弁護士報酬の支払いの話もありましたがここはかなり融通が利きました。
(お金の無い人を相手にしているので当然なのかもしれませんが)
ここで依頼をした時点で取立て・返済がストップするのでその分の余裕な範囲での相談をするとよいかと思います。

分割での弁護士報酬の支払いが完了した後(筆者が依頼したところはそういった流れになっておりましたが、破産手続きと支払いを平行して進める方針のところもあるかもしれません)、再度弁護士事務所を訪れ裁判所での手続きを行う為の日程などについての話を聞きました。
この翌日、同じ手続きをする数名が事務所に集合。そこから団体で裁判所まで行く事になりました。

裁判所に着いても特に何かをするわけではなく、入所手続きのみで待機。
時間になってから法廷に入っても、順に名前を呼ばれ返事をするだけで他に何も無いまま免責が下りました。

正直「これで終わり?」と拍子抜けしましたが、きっとこれは弁護士を通したからなのだと思います。
個人で手続きをする場合はそうはいかないのだと思いますが。

このような流れで破産宣告→免責の手続きが終了しました。
長く苦しんで藁にもすがるような思いで弁護士事務所に電話をしましたが終わってみるとあっけないものです。

こういった事を経験しているからなのかもしれませんが、法律事務所のCMなどで「悩む前にまず相談を」と言っている事の意味がよくわかります。

以上が筆者の破産→免責の体験です。
弁護士を通した場合、自分ですることはほとんど無い、というイメージだけでも掴めていただけたのであれば幸いです。

弁護士報酬を支払うだけの価値があるかどうか、は個人の価値判断になりますが煩雑なものを一手に行ってもらえるというのは大きいと思います。

こちらで、自分で自己破産の手続きをする場合について説明いたします。
弁護士などに依頼するか、自分で行うかの参考にしてください。

多重債務者・過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン