自己破産後にクレカが作れる!自己破産後のクレジットカード作成マニュアル

過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

自己破産をすると一定期間、クレジットカードを作ることが出来なくなります。

クレジットカードがないということは、すべて現金で買い物をしなければならず、当然分割払いも出来ません。

とても不便に感じられるかもしれませんが、自己破産したことで社会的な信用を失ってしまったことに対する代償のひとつだと考えてください。

しかし、自己破産すると一生クレジットカードを作ることが出来なくなるわけではありません。

そして、絶対に作れないというわけでもありません。

自己破産後のクレジットカード作成について

自己破産後のクレジットカード作成についてまとめてみました。
いつからカードを作ることが出来るようになるのでしょうか。

免責後7~10年経過すれば作れるようになる

自己破産の免責を受けると、7~10年は金融機関の信用情報に自己破産の事実が記録されることになります。

クレジットカード会社は申し込みがあるとこの信用情報に名前が記載されていないか確認してから審査を行いますので、記録されている間は当然、審査を通ることはまずありません。

要するに、「ブラック」として登録されている相手にクレジットカードを持たせても、返済してもらえる見込みが少ないので審査を通さないのです。

自己破産後いつまで自分の記録が残っているかは郵送で問い合わせることで知ることが出来るので、確認してから申し込みをするようにしましょう。

自己破産後でも作れるカードもある

自己破産後、信用情報の記録がまだ残っているにも関わらず、作れるカードも存在しています。

今の時代はカードがないと大変不便です。

インターネットで買い物する際も、クレジットカード決済が必要な場合もあるでしょう。

そんな人におすすめなのが、「デビットカード」です。

口座に残高がないと使用できない仕組みになっているので、返済が滞るといったトラブルが起こる危険性はありません。

このカードを持っているだけでも、大変便利です。

3社以上申し込まない

自己破産後7~10年が経過し、信用情報の記録が消えたことが確認できたからと言って、必ずしもどのカード会社でも審査に通るわけではありません。

焦って一度に複数のカード会社に申し込みをすれば、相手は自己破産の過去があるのではないかと疑います。

金融機関は申し込みの情報を共有しているので、調べれば確実に分かってしまい、審査をより通りにくくしてしまいます。

一度に3社以上のカード会社に申し込まないように気を付け、審査に通らなかった場合はしばらく待つようにしましょう。

最後に

自己破産後にクレジットカードが持てなくなるのは、二度と同じ過ちを繰り返してほしくないからです。

クレジットカードのない生活を送る覚悟を決めて、確実に自信が持てるようになるまで待ちましょう。

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン