債務整理中でも融資を受けるための条件とは

過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

債務整理は借金の返済が困難になった人が、借金を減額したりなくしたり整理するために行うものです。

債務整理すれば借金を大幅に減らすことが出来たり、利息分を支払わなくて良くなる場合もありますので、債務者にとっては新たな人生を歩みだすチャンスと言えるでしょう。

しかし、債務整理中でも失業や病気などが原因でどうしてもお金が必要になることはあるのではないでしょうか。

実は、債務整理中でも融資を受けることは不可能ではありません。

債務整理中に融資を受けるためには

債務整理中になぜ融資を受けることが出来るのでしょうか。
融資を受けるための条件とともにご紹介します。

債務整理中に融資を受けられる理由

闇金は違法業者なので、相手が債務整理中であろうとお金を貸してくれます。

でも闇金に手を出してしまったら、せっかく整理しようとしている借金が膨らむことになり、債務整理の意味が全くなくなってしまいます。

正規の金融業者の中にも、債務整理中に融資をしてくれる企業は存在しています。
ただし数は多くありません。

貸金業法の改正により、今現在借金がある人、債務整理中の人への融資は簡単なものではなくなりました。

任意整理の事実は信用情報機関に5年間は記録が残ることになるので、大手の消費者金融の場合は審査が厳しくてまず通りません。

大手の消費者金融が融資しないということが、中小の消費者金融が融資する理由のひとつにもなっています。

また、債務整理の手続きをしたことで借金に関しては反省しており、支払いの延滞はしないのではないか、という考えからも、融資する消費者金融は少なくありません。

債務整理中に融資を受けるための条件

債務整理中に無条件で融資を受けられるわけではありません。

条件として考えられるものは以下の通りです。

債務整理中融資を受けるためにこれらの条件が必要になるのは当然のことです。

融資する側としては、債務整理していることの重さをしっかりと理解し、反省している人かどうかが融資する最大のポイントになる、ということです。

融資担当者が重視する点は、「きちんと完済する強い意志があるかどうか」ということなのです。

債務整理中の融資を望むなら、自分の借金のことをしっかりと把握し、債務整理して立ち直ろうとしている、ということを十分にアピールしてください。

最後に

債務整理中に融資を受けることは不可能ではないにしろ、望ましいことではありません。

どうしてもお金が必要になった時には、他の方法はないのか、なぜお金が必要なのか、もう一度よく考えてみるようにしてください。

もしかしたら債務整理中に融資を受ける必要のない事実である可能性もあります。

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン