債務整理が終了した後

過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

債務整理を行った後は信用情報にその記録が残る為、5年~10年は新たにカードを作ったり借り入れを行う事はできなくなります。

ブラックリストに登録されてしまうと、その後は一生クレジットカードを作る事ができない、と考えている方もいらっしゃいますがそんな事はありません。

時が経てば事故情報は信用情報から削除されますので、その後であれば新たにカードを作ったり借り入れを行う事はできるようになります。

ただし、この正確な時期というのは明らかではありませんので、確認をしたい方は信用情報機関に情報開示を請求してみるとよいでしょう。
自己破産の項で説明した通り、信用情報機関は複数ありますので整理をした業者と照らし合わせて確認をしましょう。

しかし、事故情報が消えた後でもカードが作れない・借り入れができないというケースもあります。

この場合はおそらく過去に整理をした業者に対して申し込んでいる場合があります。
信用情報から消えているとはいえ、業者にとって債務整理をされてしまった事は痛手。そういった事が再度起こらないように独自に顧客情報を記録しているのかもしれません。
(業者に問い合わせて審査が下りない理由を訊いても答えてくれるかどうかはわかりません)
そういった場合は素直に他の業者を選択する方が賢明かと思われます。

とは言ったものの、元々債務整理を行った理由の大半はカードや金融業者からの借り入れが原因です。
事故情報が消えるまで借り入れを行わずに生活ができていたわけですから、それ以降もカードを作らずに生活するのも良いのではないかと思います。

カードが無いと不便な時もありますが、現金主義にする事で過去の失敗を二度と起こさないようにするのも一つの手でしょう。

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン

関連リンク

クレジットカードの最高峰、アメリカン・エキスプレスセンチュリオンを知っていますか?
年会費30万円以上の幻のブラックカードの取得方法や特典をまとめました。
ブラックカードの七不思議