【えっ!ホントに?】債務整理中なのに住宅ローン審査が通るケースがある!

過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

債務整理して借金地獄から抜け出したものの、その後の生活については不安がたくさん残ります。

一定期間借り入れが出来なくなるので、まとまったお金が必要になったときどうすればいいのか。

クレジットカードを持つことも出来なくなるので、買い物はすべて現金でしなければならないのか。

債務整理したことを、誰かに知られて社会的信用を失ってしまうのではないか。

心配は尽きません。

特に債務整理後にマイホームを購入したいと考えている人は、ローンを組むことも当然簡単には出来なくなってしまいます。

債務整理後の人生は、やはり思い通りにはいかないものなのでしょうか。

債務整理と住宅ローンについて

債務整理をすると住宅ローンを組むことは不可能なのでしょうか。
債務整理と住宅ローンについてご紹介します。

債務整理するとローンを組めない?

金融機関が何をもとに住宅ローンの審査を行っているか、ご存知でしょうか?

それは、まず本人の年収、勤務先です。

どのくらいの収入があるのか、勤め先は安定しているか、お金を貸す側の立場である金融機関が気になるのは当然のことです。

なぜなら、「お金を返してもらえる見込みがあるかどうか」が知りたいからです。

債務整理するとその情報が信用情報に事故登録されることになっており、金融機関はこれを参考にしてローン審査を行います。

事故情報は年収や勤務先と同じくらい、重要な情報なのです。

信用情報に事故登録が載っていれば、当然「返済の能力の有無が疑わしい」と見なされ、ローン審査を通過するのは難しくなります。

任意整理だと約5年、個人再生や自己破産だと約10年は自己登録が残ることになりますので、その間は住宅ローンの審査にまず通らない、と考えて間違えないでしょう。

例え一度ローン審査に落ちて再度申請したとして、自己登録が消えてからであれば審査を通過できる可能性はあります。

しかし過去に一度債務整理している場合は、お金に対する社会的な信用を失っています。

マイホームを持つ、という夢はあきらめた方が良いかもしれません。

債務整理中でもローンを組めるケースもある?

確かに債務整理していると住宅ローンの審査に通ることはかなり難しいのですが、実際に債務整理中でもローンを組めた、というケースもないわけではありません。

これは非常にまれなケースであり、例えば債務整理後に経済状況が一変して十分すぎる収入を得られるようになったり、頭金を十分用意出来たという場合だったり、強力な保証人がついた場合等です。

ローン審査を通るかどうかは、結局は金融機関次第ですので、「絶対にローンを組めない」と言い切ることは出来ないようです。

最後に

債務整理したからといってその後の人生をすべて諦める必要はありません。

努力すれば普通の人と同じように結婚も出来るしマイホームを持てる可能性もあります。

せっかくやり直すチャンスをもらえたのですから、あとは自分自身が努力してください。

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン