【相談】債務整理中結婚することのメリット・デメリット~結婚への影響!

過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

債務整理は借金を整理することですが、債務整理後は普通の人と全く同じように生活できるわけではありません。

一定期間借り入れが出来なくなってしまいますので、車やマイホームを購入しようと思ってもローンを組むことが不可能になります。

クレジットカードを持つことも出来ないので、すべて現金で買い物をしなければなりません。

債務整理の種類によっては、官報に氏名が掲載されたり、一部の職業に就けなくなる場合もあります。

しかし、それでも普通に結婚して幸せな人生を手に入れたい、と望む人は多いでしょう。

債務整理は結婚にどのような影響を及ぼすことになるのでしょうか。

債務整理中に結婚することのメリット・デメリット

例えば債務整理中に結婚することには、どのようなメリットとデメリットがあるのか考えてみました。

メリット

債務整理後、残りの借金を完済した後で結婚するならまだしも、債務整理中に結婚することに果たしてメリットなどあるのでしょうか。

確かに債務整理する前に結婚して、結婚後に借金が発覚するよりは良いでしょう。

結婚後に借金が発覚すると、様々なトラブルの原因になることは言うまでもありません。

債務整理することを結婚相手にも話し、納得してもらった上での結婚であるならば、メリットは「モチベーションが上がる」ということくらいでしょうか。

債務整理した後も任意整理や個人再生であれば減額されたとは言え借金が残るわけですから、結婚することで返済に対するモチベーションが上がる可能性はあります。

また、「今後は家族を養っていかなければならない」という責任感が生まれ、二度と借金を繰り返さないという強い意志を持つことにもつながるでしょう。

デメリット

問題はデメリットの方です。
債務整理中の結婚にはデメリットがたくさんあります。

まず、結婚すれば当然誰もが「マイホームを購入したい」という願いを持ちます。

しかし、債務整理すると5年、長いと10年はローンを組むことが出来ません。

金融機関に対する信用を失っているわけですから当然の結果です。

クレジットカードを持つことも出来なくなりますので、大きな買い物をするにもすべて現金が必要になってしまいます。

この状況を納得してくれる結婚相手なら問題ありませんが、結婚前から相手にお金の問題があることを知って、結婚を望む人はあまりいないでしょう。

結婚を望むなら債務整理後、残りの借金をすべて返済してから。

さらに言うと一定期間が過ぎてローンを組めるようになってクレジットカードを持つことが出来るようになってからの方が良いのではないでしょうか。

最後に

このように債務整理は結婚に大きな影響を与えることになります。

結婚すれば自分だけの問題ではなくなってしまいますので、そのこともよく考えた上で、今後の人生計画を立てるべきでしょう。

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン