【借金・信用反故】債務整理でクレジットカードを残せない理由を知る!

過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

債務整理すれば借金をきれいに整理することが出来ます。

場合によっては借金を帳消しすることも出来ますし、返済額を大幅に減額して無理のない返済計画を立てることも可能です。

しかし、債務整理にはそれなりのデメリットもあるということを覚えておきましょう。

例えば債務整理の種類によってはクレジットカードを持てなくなることもあります。
これは一体なぜなのでしょうか。

債務整理とクレジットカードについて

なぜ債務整理するとクレジットカードを持つことが出来なくなるのか、その理由とその他の情報をご紹介します。

債務整理するとクレジットカードが持てなくなる理由

債務整理したからといって、一生クレジットカードを持つことが出来なくなるわけではありません。

ある一定期間、信用情報に事故登録されるため、クレジットカードを作ることが出来なくなるだけです。

一定期間というのは大体5年程度で、7年、10年というクレジットカード会社もあります。

クレジットカード会社からしてみれば債務整理した過去を持つ人は信用に欠ける存在なわけですから、カードを作らせたくないと思うのは当然のことです。

貸したお金が返ってこなければカード会社は大きな損失を生じてしまうことになります。

特に債務整理の対象となったクレジットカードでは、今後一生クレジットカードを作ることが出来ない、と考えた方が良いでしょう。

債務整理後もクレジットカードを持つ方法

クレジットカード会社が債務整理の過去を知る方法は、二つあります。

一つは信用情報の事故登録、そしてもう一つは、政府が発行する機関誌である「官報」に情報が記載されることです。

ただし信用情報は大抵の場合5年で登録が消えることになりますし、官報は自己破産か個人再生という方法で債務整理した場合のみ掲載され、10年で情報が消えることになっています。

つまり、一定期間が過ぎればまたクレジットカードを持つことは可能になる場合がほとんどなのです。

ただ、債務整理直後にもクレジットカードを作る方法がないわけではありません。

クレジットカードと同じように利用できるデビッドカードなら審査なしで作ることが可能なので、ショッピングに利用可能となっています。

また、他の家族が契約しているクレジットカードの家族カードであれば、審査はないようなものなので、比較的簡単に持つことが出来ます。

ただし利用すれば請求は契約者である家族にくることになってしまいますので、しっかりと支払う意思があることを家族に伝えておくことが大切です。

最後に

債務整理をしたらなぜ簡単にクレジットカードを持つことが出来なくなるのか、お分かりいただけましたでしょうか。

借金を整理するということはそれだけのデメリットが付いてくる、ということです。

それを十分に肝に銘じて、今後は同じ過ちを繰り返さないよう心がけなければなりません。

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン