個人再生とは?

※過払い金請求の経験者でも借りれます

ダイレクトワン

弁護士と司法書士の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここまでは「弁護士に依頼」という風に弁護士しか引き合いに出していませんでしたが、「司法書士」という法律家もいる事はご存知かと思います。
この弁護士と司法書士の違いについて説明させていただきます。

主な違いは

  • 代理権があるかどうか
  • 支払うべき報酬額

の2点です。

代理権というのは「申立人に代わって訴訟を行う権利」の事です。
弁護士に依頼をした場合、弁護士に自己破産の手続きを依頼した場合に裁判所に出頭するのが一度で済むのはこの為(破産審尋を代理で行っている為)です。
資料さえ提出をすれば、その後の一切の手続きを任せる事ができるのが弁護士の利点です。

司法書士には代理権は無い(正確に言えば代理権はありますが、それは簡易裁判所で行われる訴訟に限るのです)ので、書類作成は代行してもらえますが、裁判所での申し立ては自身で行う必要があるのです。

その分報酬も司法書士の方が控えめです。弁護士のおよそ半分程度の額になります。

自身で裁判所に行く事ができ、裁判官との面接も可能であれば司法書士への依頼を検討してもいいかもしれません。

ですが裁判所は平日しか開いておらず、出頭の日時もこちらの都合を考慮してくれるわけではありませんのでそれに合わせて動く事ができる、というのも条件の一つとなるでしょう。
これらが不可能であれば弁護士に依頼をしたほうが賢明です。

このような違いがありますので、ご自身の状況も踏まえた上でどちらに依頼をするかを検討するとよいでしょう。

▼ この記事は役に立ちましたか? ▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

個人再生・ブラックの方でも借りれます

ダイレクトワン