個人再生とは?

※過払い金請求の経験者でも借りれます

ダイレクトワン

【自力返済】借金返済方法の賢い方法~目指せ!借金完済への第一歩

このエントリーをはてなブックマークに追加

借金の返済に困っている人の誰もが、「早く完済して普通の生活に戻りたい」と思っているはずです。

しかし、実際には借金には利息が付きますので、借りたお金以上のお金を返さなければなりません。

借金返済は決して簡単なことではなく、返済のために更なる借金を繰り返してしまう人もたくさんいます。

借金をこれ以上繰り返さず、素早く完済するためにはどうしたら良いのでしょうか。

賢い借金返済方法

今回は、賢く借金を返済して借金完済を目指すための方法をご紹介します。

自分の借金を把握する

まずは自分がどこからいくらずつ借金しているかを把握してください。

複数から借り入れしている多重債務者の場合、どこからいくら借りていて、何日までに返済しなければならないのか把握出来ていない人がたくさんいます。

そうなると借金の総額も分からず、毎月いくら返済に充てられるのか計算出来ていないので、「もっと返済出来るはずなのに返済出来ていない」という状況に陥ってしまいます。

借金をいち早く完済するためには月々の返済額を多くしなければなりません。

現在の収入が月々いくらなのか、返済に充てられる金額はいくらなのか、本当はいくら返済しなければならないのか、把握することから始めてください。

借金を一本化する

複数の金融機関から借金している場合は、借金を一本化することで利息の負担を減らすことが出来ます。

借金の一本化は「まとめローン」とも呼ばれており、まとめローンでお金を借りて、そのお金で複数の金融機関への返済を一括で行ってしまいましょう。

まとめローンだと低金利でお金を借りることが出来ますので、今より負担が少なくなることは間違えありません。

多重債務者の賢い借金返済方法のひとつとして、覚えておきましょう。

債務整理する

借金完済への道を縮めるためには、「返済額を減らす」という手もあります。

そこで利用したいのが、「債務整理」という手続きです。

債務整理とは「借金を整理するための手続き」であり、方法はいくつかに分けられます。

まず、最も利用されているのが「任意整理」であり、債権者と債務者の話し合いによって返済額を減額してもらえるよう交渉する手段です。

これによって大抵の場合は利息分をカットしてもらうことが出来るので、返済が楽になります。

次に、住宅を手放さずに返済額を減額し、残りを3年間で分割して返済出来る「個人再生」という方法もあります。

自己破産と違ってマイホームを差し押さえられることがないので、今後長期に渡って安定した収入が見込める人にはおすすめの方法となっています。

さらに、「過払い金請求」という手続きをすることによって、支払い過ぎた利息が戻ってくる場合もあります。

いずれの方法を選ぶかはプロの法律家に相談して決めるべきなので、信頼のおける法律事務所を探してみてください。

▼ この記事は役に立ちましたか? ▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

個人再生・ブラックの方でも借りれます

ダイレクトワン