個人再生とは?

※過払い金請求の経験者でも借りれます

ダイレクトワン

自己破産と債務整理!その違いを徹底解説・自己破産&債務整理のツボ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「借金地獄から抜け出すためには、自己破産するしかない」と思っている人は多いのではないでしょうか。

自己破産は借金に苦しむ人に再生のチャンスを与えるための債務整理の一つであり、すべての借金を帳消しにする唯一の方法です。

しかし、債務整理は自己破産だけではありません。

債務整理には自己破産以外にどのような方法があるのか、自己破産にはどのようなメリットやデメリットがあるのか、考えてみましょう。

自己破産と債務整理について

ここでは、自己破産と債務整理の違いについて徹底解説させていただきます。
自己破産による債務整理を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

自己破産とは

自己破産とは、「ある一定の財産を失う代わりに、すべての借金を帳消しにするための手続きです。

借金の返済が不能になったことが裁判所に認められた時点で、借金の支払い義務を免れることが出来ます。

ただし、誰でも自己破産手続きが出来るというわけではありません。

支払い不能であることが裁判所に認められた場合、そして、過去7年以内に免責を受けたことがない場合のみ、申し立てすることが出来ます。

自己破産の最大のメリットは「借金がなくなること」であり、デメリットは「財産を差し押さえられること」でしょう。

しかし、自己破産のデメリットはこれだけではありません。

今後7~10年間、借り入れが出来なくなること、クレジットカードが持てなくなること、政府が発行する機関誌に住所氏名が掲載されること、一部の職業に就けなくなること等が挙げられます。

それを踏まえた上で、自己破産はあくまでも「借金を整理するための最後の手段」と考えておきましょう。

債務整理とは

自己破産、任意整理、個人再生、過払い金請求といった方法を合わせて「債務整理」と言います。

それぞれの方法にそれぞれの特徴がありますので、自分に合った手段を選ぶことが大切です。

自分自身で判断するのが難しい時は、専門家のいる法律事務所に相談してみましょう。

債権者と債務者の交渉によって返済額が減額される「任意整理」は、利息分がカットされることになりますので、「利息分がなければ返済可能」という人におすすめの債務整理法です。

「借金は減らしたいけれどマイホームは手放したくない」という人は、「個人再生」を選ぶと良いでしょう。

ただし長期的な収入が見込める人しか手続き出来ないので、注意が必要です。

過払い金請求は利息制限法が定める利息の上限を超えた利息を支払い続けた人が、払い過ぎた分を取り戻すことが出来ます。

完済後10年以内であれば請求可能なので、思い当たる人は法律事務所に相談してみると良いでしょう。

最後に

自己破産は失うものが多い分、今までの生活を大きく変えるチャンスでもあります。

メリットとデメリットをよく考えた上で、専門家に相談してみましょう。

▼ この記事は役に立ちましたか? ▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

個人再生・ブラックの方でも借りれます

ダイレクトワン