個人再生とは?

※過払い金請求の経験者でも借りれます

ダイレクトワン

【小規模個人再生後】気になる住宅ローン通過の第一歩・気になる注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理の一つとして、「個人再生」という方法があります。

個人再生は経済的更生を図るために借金の返済額を大幅に減額する裁判所を通した手続きであり、「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」という2つの手続き法があります。

個人再生の申し立ての大半が小規模個人再生であり、給与所得者等再生に比べてメリットが大きいことが特徴です。

小規模個人再生の手続きをすれば借金を減らして新しい人生を歩き出すことが出来るわけですが、手続き後の生活について気になる点はいろいろあると思います。

小規模個人再生後の住宅ローンについて

例えば小規模個人再生後は、住宅ローンを組むことは出来るのでしょうか。
注意点とともにまとめてみました。

小規模個人再生後にローンの審査は通過できるのか?

結婚している人、個人再生後に結婚を考えている人にとって、最も気になるのは「小規模個人再生をしていても住宅ローンの審査は通過できるのか?」ということでしょう。

確かに個人再生のような債務整理を行った過去があると、借金の返済能力がないとみなされて住宅ローンの審査を通ることは難しくなります。

しかし、小規模個人再生をしたからと言って、一生ローンを組めないわけではありません。

個人再生の手続きを行うと信用情報にその情報が登録されることになるので、その間だけ難しくなる、というだけの話です。

5~7年ほどで信用情報の記録は消えるので、その期間が過ぎればローンの審査は普通に通るようになるでしょう。

また、信用情報に記録が残っていても、力のある人が連帯保証人になった場合は、ローンを組める可能性があります。

小規模個人再生後にローンを通過するための注意点

小規模個人再生後5~7年経って信用情報の記録が消えれば、必ずしもすぐにローン審査を通過できるというわけではありません。

ブラックリストからは外されたとは言え、個人再生の過去があることを金融機関側が知れば、簡単にお金を貸してもらうことは出来ません。

また、小規模個人再生後の生活の立て直しが上手くいかず、収入が安定していなかったり、生活状況が厳しい、という理由でローン審査をパス出来ない場合も少なくありません。

住宅ローンを組むことを考えているなら、個人再生した過去を忘れることなく、地道に安定した生活を送ることが出来るよう努力しましょう。

例え情報が残っていたとしても、今現在ローンを完済出来るだけの能力があると認められさえすれば、お金を貸してくれる金融機関はきっとあるはずです。

最後に

個人再生することで「普通の人と同じ人生を手に入れたい」と思うのは当然のことです。

マイホームを手に入れて幸せに暮らしたいのであれば、二度と同じ過ちを繰り返さない強い意志を持つことが大切だと思います。

▼ この記事は役に立ちましたか? ▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

個人再生・ブラックの方でも借りれます

ダイレクトワン