個人再生とは?

※過払い金請求の経験者でも借りれます

ダイレクトワン

債務整理後の生活を立ち直らせた人の共通ポイント3つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

借金問題の解決方法の一つに、債務整理があります。

債務整理をすれば借金で苦しむことはなくなりますが、果たして債務整理した後も普通の生活を送ることは出来るのでしょうか。

債務整理は借金を作ってしまった人にもう一度やり直すチャンスをくれるための国の制度です。

せっかく借金の苦しみから解放されることが出来るのですから、一日も早く立ち直って、普通の生活を送れるようになりたいものですよね。

債務整理後の生活を立ち直らせた人の共通点

今回は、債務整理後の生活を立ち直らせた人に見られる共通点にはどのようなものがあるか、まとめてみました。

残りの返済をきちんと行う

債務整理を行うと、必ずしも借金がゼロになるというわけではありません。

借金の総額を減額したり分割での返済を認めてもらう「任意整理」や「個人再生」を選んだ場合は、債務整理後も残りの借金を返済し続けていく必要があります。

特に任意整理すると生活に支障のない範囲にまで借金を減額することが出来ますので、債務整理後もしっかりと残りの返済を行ってください。

普通に生活していれば支払える金額なわけですから、ギャンブルや大きな買い物はせず、地道に返済していく道を選ぶようにしましょう。

そして具体的な返済計画を立て、実現するように努力してください。

これは、債務整理後の生活を立ち直らせるためには非常に大切なことなのです。

今後の人生計画を立てる

債務整理後は、一定期間金融機関からお金の借り入れが出来なくなったり、クレジットカードを作ることが出来なくなります。

それを踏まえた上で、今後どのような人生を送っていくべきなのか、具体的に計画を立てることが大切です。

例えば就職や転職、結婚のことなどは、普通の人に比べてタイミングを考える必要が出てくるでしょう。

ローンも組めなくなるので、車や家を購入するとしたらいつがいいのか、現金で買うことを考えるといくら貯金すればいいのか等、細かく計画を立てる必要があります。

今後はお金のことをしっかりと管理して、貯蓄する習慣を身に着けるようにしましょう。

二度と借金はしない

債務整理後の生活で一番怖いのが、また借金を繰り返してしまうことです。

通常の金融機関は、債務整理後5年はお金を貸してくれませんが、闇金のような違法業者となると話は別です。

闇金は債務整理した人にもお金を貸し付けてきます。

闇金業者が債務整理した人の情報をどこからか入手して、甘い言葉で誘ってくることもあるでしょう。

そういった誘惑には決して負けず、強い意志を持って「二度と借金はしない」と誓ってください。

最後に

債務整理して借金地獄から解放された人たちは、誰もが「一日も早く立ち直りたい」と願っています。

しかし、実際に普通の生活を送れるようになるためには、自分自身の努力が必要不可欠だということを忘れないでください。

▼ この記事は役に立ちましたか? ▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

個人再生・ブラックの方でも借りれます

ダイレクトワン