苦しいローンの破産の前に知っておくべき特定調停とは?

過払い金請求の経験者でもOKのカードローン
ダイレクトワン

借金に苦しむ人にとっての救済法として、債務整理があります。

「債務整理」と言っても手続きの種類はいろいろとあるので、自分にとってどの債務整理法が合っているのか、自分がどうすべきなのか、しっかりと考えておかなければなりません。

例えば借金をすべてなくしたいなら「自己破産」、借金の返済額を減らしたいなら「任意整理」か「民事再生」か「特定調停」、というように、その人の目的や現在の状態によって選ぶべき債務整理法は変わってきます。

今回ご紹介したいのは「特定調停」ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのか、事前に知っておきましょう。

特定調停とは

特定調停とはどのような手続きなのか、メリットとデメリットにはどのようなものがあるのか、ご紹介します。

特定調停とは?

債務者と債権者が直接交渉することで借金の返済額を減額する手続きのことを「任意整理」と言いますが、この手続きを裁判所を通して行う場合を「特定調停」と言います。

任意整理を始めとする他の債務整理の場合、法律の知識を持つ弁護士や司法書士に依頼することで手続きをスムーズに行うことが出来ます。

しかし、弁護士や司法書士に依頼するということは、それなりの費用を用意しなければなりません。

「借金を何とかしたい」と思っている人にとって、これは大きな痛手です。

特定調停の場合は弁護士や司法書士に依頼しなくても、比較的容易に自分で手続きを行うことが可能ですので、「費用を節約したい」という人にはおすすめの方法となっています。

特定調停によって減額された借金は、3~5年以内の間に分割返済することになります。

特定調停のメリットは?

特定調停のメリットは、まず借金の返済額を減額できる、という点です。

利息制限法が定める上限金利まで金利を引き下げることが出来るので、大幅に借金を減らすことが出来るのです。

また、債権者を選んで手続きをすることが可能なので、マイホームや自家用車などの財産を手元に残したまま借金を減額することが出来ます。

特定調停のデメリットは?

特定調停はメリットよりもデメリットの方が多いので、手続きする前によく考えることが必要です。

まず、任意整理に比べて手続きが複雑であること、債権者との話し合いのために何度も裁判所に足を運ばなければならないこと、が挙げられます。

手続きに時間がかかるため、債権者からの取り立てが止まるまで時間を要する可能性も考えられます。

「今すぐ取り立てから解放されたい」という人には向かない債務整理法と言えるでしょう。

そのほかにも、差し押さえが容易になること、過払い金の返還を受けられないこと、調停が成立しない場合もあること、等が特定調停のデメリットとなっています。

場合によっては弁護士や司法書士に依頼した方が良いこともありますので、法律事務所の無料相談などを利用してアドバイスを受けましょう。

過払い金請求の経験者でも申込OKのカードローン

ダイレクトワン